お金を借りたのに返さないと怖い取り立てが来る?

金融を題材にした映画やドラマでは、債務者に対して怖い取立てを行うシーンが度々見受けられます。
これまで金融機関からお金を借りた事がない人にとっては、非常に印象的な部分かもしれません。
こういった取立てというのは、現実世界の中でも行われているのでしょうか?詳しい話をまとめてみました。

基本的にはドラマのような取立てはない

金貸しというと、朝一番から玄関を暴力的に叩いて脅す、といったイメージを持たれる人が多いかもしれません。
しかし、実際には貸金業者がそんな取り立てを行うことはまずあり得ないのです。
なぜならば、そんなことをすれば企業イメージを損なってしまうため。
いわゆる怖い取立てというのは、暴力団などが経営する闇金融が行うものと考えるのが一般的でしょう。

では、貸金業者はどのような取り立てを行うかというと、債務者の返済が遅れた場合、金融機関からは電話やメール、封書などといった形で連絡があります。
あくまで、直接のコンタクトはないのです。

ただし、本人とアポイントが取れない場合には、家族や職場などに電話が掛かってくることも少なくありません。
そのため、第三者に迷惑をかけないよう、必ず返済日については確認を取るようにしましょう。

取り立てには国の決めたガイドラインがある

実は、ドラマのような取り立ては場合によっては金融会社そのものが法律違反になってしまう可能性があることはご存知ですか?
お金の貸し借りを行う業者に適用される、貸金業法には、「取立行為の規制」という項目が制定されており、これに違反した行為は罰則の対象となります。
例えば、正当な理由がない限り、午後9時~午前8時の間以外で債務者に取り立てを行ってならないという決まりがあります。
つまり、貸金業者からの連絡を無視し続けるなど、債務者自身が理由を与えない限り、貸金業者は勤務先をはじめとして日中に取立をすることは許されないのです。

また、債務者のプライバシーを保護する目的がこの法律にはあり、張り紙や看板はもちろん、大声で借金の取り立てを行ったり、居座ったりする行為は違反です。
周りに借金している事実が明るみにならないよう、貸金業者も気を配る必要があるでしょう。

こういった法律のために、金融庁をはじめとした政府機関では取り立てに関するガイドラインを設けています。
ですから、これから逸脱した行為は、逆に訴えられてしまうかもしれず、貸金業者は無理な取り立てをしないと言えるのです。

債権回収業者について

金融機関によっては、自社での取り立てではなく、債権回収業者に依頼をするところもあります。
返済が滞ってしまった場合などは、直接書面や電話などで連絡が届くほか、回収の専門家として金融機関よりも少し厳しい口調で取り立てを行うのが特徴です。

ここで注意したいのが、詐欺について。
最近では債権回収業者を装った詐欺会社も横行しています。
借入れ以外にも、携帯コンテンツなど月額固定で支払っていたものなどを対象に連絡する形で、不特定多数の人物に詐欺行為をします。
「契約がまだ終わっていない」「支払う義務が発生している」など、言葉巧みに書面で述べられているため、何も知らない人は騙されて支払ってしまう場合も少なくありません。
見覚えがないものであれば、無視をするのが一番だと言えます。

まとめ

返済が遅れた場合、金融機関から怖い取立てはないものの、債権回収業者といった専門業者から取立てを受ける場合が多いと言えます。
書面や電話などで連絡があった場合には、速やかに転落をして、早期解決を図るようにしましょう。

借入れを行う際には、同時に明確な返済計画を立てる事が大切です。
特に長期での返済となってしまうと、その分利子を多く支払う形となるため、あらかじめ自分で最終返済日を決めるようにしましょう。

関連/即日でお金を借りるのにおすすめのカードローン

追記

即日融資に頼るしかないと思い描くのは、唐突にお金を工面しなければいけなくなったからですが、そうした状況の中「収入証明書を準備してください!」と言われても、容易に仕込みできない人の方が多々あるでしょう。
借入時の総量規制には特例となる事例もあります。
車を買うなど、何に使用可能なのかが明示されている目的別貸し出しは、利息に関してはフリー貸し出しよりも一段と低利息であるという事で流行があります。
電話による在籍見定めができないと、査定をクリアできない事もあり得ます。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です