お金を借りる際の一般窓口と女性窓口の違い

最近、消費者金融なでは女性専用のキャッシング窓口が増えており、評判良いといいます。
これは、一般に用意されている窓口と、どういった違いがあるのでしょうか。
これからキャッシングを申し込みたいという女性は参考にしてください。

一般の窓口と女性専用窓口の特徴とは?

消費者金融のことを昔は、サラ金と呼んだように、もともとお金を借りるのは男性のようなイメージが強かったものです。
しかし、女性の場合にもお金に困っていることは少なくありません。
そこで、登場したのが女性でも気軽に利用できるよう配慮された専用の窓口です。
業者ごとにも若干の違いがありますが、主に下記のような点が異なります。

対応スタッフが女性

最初に挙げられるのが、受け付けや相談を行うオペレーターがすべて女性という点です。
これは、女性ユーザーによる消費者金融に対する抵抗感を、少しでも無くすために取り入れられたといわれています。
相手が同性と言うこともり、不安な気持ちを素直に相談でき、電話口であってもリラックスして受け答えできる、など精神面でのメリットが多いと言えます。

また、各消費者金融でも、女性の写真やイラストを前面に出してアピールしているのが特徴です。
レディースローン、専業主婦向け、といったフレーズが目印となり、より申し込みがしやすいような環境が整っています。
これまで利用した事がない人も抵抗を感じないで電話できます。

女性専用窓口では、職場や自宅への在籍確認なども女性オペレーターが行います。
消費者金融と言えば、職場に掛けられる電話がネックという方も少なくないでしょう。
しかし、女性からの電話であれば、消費者金融からのものであると考えられる可能性も少ないはず。
余計な不安を持たずに、消費者金融を利用できるでしょう。

女性向けに用意された金利

女性用のプランでは低めに設定された金利も特徴の一つです。
これは、女性が働いていてもなかなか収入が増えないことや、そもそも女性が大きなお金を借りない分、金利が割高に感じてしまうことに配慮してのもの。
もちろん、自身に全く収入がない場合には、配偶者の収入をあてにしてお金を借りることになるため、審査も厳しくなってしまうかもしれません。

実は、主婦による借金の申し込みは、申し込みを行った人と、配偶者の収入を足し、3分の1に割った金額が借入れ可能額となると法律で定められています。
もし、大きな金額が必要であるならば事前に計算してから申し込みを行うようにしましょう。

参照|お金を銀行から借りた時の一般的な金利
参照|お金を消費者金融で借りた時の一般的な金利

申し込み方法にも違いがある

女性専用ローンの場合、無人契約機を使わず、インターネットでの申し込みで全て完了する環境が整えられていることが多いです。
これは、普段なかなか家から出る幼児のない主婦や、直接事務所へ出かけることに抵抗を感じやすい女性へ向けた配慮。
利用者は、人目を気にせず、申し込みを気軽に行えるため、人気の一因になっています。

まとめ

女性専用窓口でのキャッシングは、専用の女性スタッフが対応するため、初めて審査を申し込む方でも安心です。
不安な気持ちや疑問点などもすぐに相談できるでしょう。
また、勤務先への問い合わせも女性の方が行うため、職場の仲間にばれてしまう心配もありません。

サービス面においても、専用の低金利コースが用意されているなど、女性ならではの利用方法があります。
ただし、審査については、男女問わず同じように行われますので、収入面や返済能力を考えながら申し込むようにしましょう。

また、消費者金融への申し込みは、インターネットからでもできるケースが増えています。
これであれば、近所の方に不審に思われることもないうえに、抵抗を感じがちな事務所や無人契約機へ行かずとも手続きができ便利です。
もし、急な出費で困ったら、こういった手段で資金調達するのも選択肢でしょう。

追記

支出者金融ないしは銀行の利率には下限と上限の2種類があるわけですが、カード貸付金の利息を並べて対比するなら、上限利率に目を配る事が必須です。
お金を借りるにあたっては、在籍検証するために勤めている箇所に電話がくるので、「キャッシングをするくらい大変である事が、社内の上司や同僚に伝わってしまうかも?」と頭を悩ます人も数多くいるでしょう。
それは、上限利息が競合企業と対比して低く設定されているという事なのです。
因みに一度契約したカードクレジットの利率分は、契約継続中は滅多に下げてくれません。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です