お金を消費者金融で借りるメリットとデメリット

お金を借りる場所として、銀行以外にも消費者金融を利用する方法というのがあります。CMや雑誌の広告欄などでも、企業名を見たことがある、という方も多いはずです。

代表的な大手の消費者金融カードローンはプロミス・モビット・アコム・アイフル等です。利息や借り入れ期間など似ている点もありますが、細かな違いもありますのでよく見極めましょう。初めてなら30日間無利息のサービスが付いているところもあります。

それでは、消費者金融でお金を借りるメリットやデメリットは一体どういうものがあるのでしょうか?ご紹介いたします。

消費者金融のカードローンを利用するメリットについて

消費者金融は、以前はサラ金と呼ばれたり、街金と呼ばれたりする業者のこと。現在は、銀行と提携したり、インターネットでの申し込みに対応したりと利用しやすい上に、信頼できる業者として多くの方が借入れを申し込んでいます。そんな消費者金融を利用するメリットには下記の2つが挙げられます。

急な出費にも対応できる消費者金融のスピードは大きなメリット

消費者金融カードローンのメリットとして最初に挙げられるのは、スピードキャッシングです。カードローンの申し込みから最短、30分から1時間程度で審査を終わらせる事ができますので、緊急の場合にも利用がしやすくなっています。

これは、無人契約機の登場により可能になったもの。近くに店舗がなくとも、街のあちこちにある無人契約機を利用してカードローンの審査を申し込めます。ここで、必要な書類に記入をしたうえで、係りの人と電話でやりとしながら審査を行ってもらいますが、その時間はおよそ30分もかかりません。

さらに最近では、スマートフォンなどから借入れを申し込める会社も増えています。生年月日や勤務先・収入の記入を行うだけで、簡単にカードローン審査の申し込みが行えるのがメリットです。審査が通った後に必要となる書類は、無人契約機から送る以外にも、郵送による手続きも可能となっています。

消費者金融で借り入れするには自動契約機等で申込みをしてから審査を行うという方法もあります。無事審査に通過すれば対象の口座へ振込での融資を受けることが出来ます。もちろん、直接ローン契約機から受け取ることもできます。

このように消費者金融のカードローンには気軽に利用できるイメージがありますが、利用自体は確かに気軽にできるものの、返済計画をしっかり立てないと借金地獄という厳しい状況に陥ってしまいますので、そのような危険に対する注意が必要です。事前に金利や返済期間等の情報をしっかりと収集して、一番安全で得なローンを選ぶよう心がけてください。

消費者金融の利用者はPC・モバイル問わず、WEB申込で審査を依頼することもでき、土日祝日であっても審査可能です。振り込みの場合は土日では難しいですが、自動契約機での受け取りなら土日でも貸付をしてもえるサービスも多いです。借入金の上限の枠はある程度決まっていますが、ちょっとした公共料金の支払やレジャー程度の出費なら消費者金融のカードローンで賄えるでしょう。

これもスピード融資がウリの消費者金融のメリットと言えます。

ワインポイントアドバイスですが、カードローンなどでスグにお金を借りたい場合は本人確認が出来る身分証明書等を用意してから(対象外の証明書もあるので注意)、金融機関や消費者金融への申し込みをするといいです。

消費者金融は手続きから返済まで簡素でわかりやすいのがメリット

消費者金融やカードローンでお金を借りる場合、原則として保証人や担保が不要です。その上、複数の契約書に何度もサインをして、審査に時間がかかった後に確認などが行われるようなものと比べて、手続きが簡素な点がメリットといえます。

これだけ簡単な手続きなので、空いた時間に、電話やインターネットなどで申し込みが行えるのも特徴です。これであれば、家族や友人にカードローンの利用がバレてしまう心配もありません。

また、消費者金融のカードローンは返済方法も簡素になっていることも特徴です。窓口での扱い以外にも、無人店舗にあるATMから支払えますし、最近ではコンビニATMやインターネットバンキングでの返済できます。平日は忙しいサラリーマンの方でも、時間に追われることなく返済でき便利に感じるでしょう。

▼返済に関する注意点・ポイント

消費者金融への返済が滞り、延滞が続くとブラックリストと呼ばれる状態になり、信用情報機関というところに信用情報が登録されます。一度こうなってしまうと、大手や有名どころの金融機関や消費者金融からの借入はかなり難しくなってしまいますので、5年、10年と計画的な返済プランを立てるとともに支払い忘れが無いよう、今後細心の注意を払いましょう。

一度そういう状況に陥ってしまうと、闇金まで行かなくても、高金利の業者のカモにされる可能性が高くなりますので、そういった業者と関わらない為の注意も必要です。少額なら金利の差もわずかですが、累計で50万円、100万円という金額になると、金利だけでもかなりの差になります。

消費者金融カードローンは金利が高めなのがデメリット

消費者金融カードローンを利用するデメリット面として挙げられるのが、金利の高さです。担保や保証がない反面、回収リスクを減らすために通常よりも高い金額で設定されています。

また、原則として元本と利子を並行して返済する契約を結ぶため、完済するまでの時間が長くなってしまう場合も多いとされています。月々の返済金額だけを見ると、3000円や5000円と小額なため、ついつい使いすぎてしまう人も少なくありません。

しかし、いざ返済を行おうとしてもお金が足りず、最小金額だけを毎月返済する場合が多く、利子だけを支払うような形となってしまい、元本が減らずに残る事も考えられます。

金利は貸金業法という法律で定められており、それを超える金利での貸し付けを行っている業者は所謂「闇金」ですので、注意が必要です。ネット上での口コミを参考にして、金利も自分で計算して、契約内容をよく確認すれば、当然のごとく事前にわかることですから、しっかりと優良業者を選ぶよう心がけましょう。審査の通過しやすさばかりに目が眩むと闇金の思うツボだということを心得るのもポイントです。

法律の範囲を超える金利での貸し付けを行っている業者は所謂「闇金」ですので、注意が必要です。ネット上での口コミを参考にして、金利も自分で計算して、契約内容をよく確認すれば、当然のごとく事前にわかることですから、しっかりと優良業者を選ぶよう心がけましょう。

審査の通過しやすさばかりに目が眩むと闇金の思うツボだということを心得るのもポイントです。また、カードローンの申し込みをする前に、利息制限法や出資法、貸金業法などについて最低限の知識を持っておくとなおよいでしょう。

消費者金融カードローンは大きな金額を借りられないのもデメリット

消費者金融カードローンのもう一つのデメリットとして、借入できる金額が銀行と比べると少ないという点が挙げられます。

消費者金融カードローンの場合、総量規制という規制、貸付額の制限が適用され多額の借入は出来なくなりました。大きな金額を借りたいのであれば銀行での借入になりますが、審査は若干厳しい傾向にあります。

消費者金融で住宅ローンの借入もできる?

消費者金融はあくまでも数十万円程度の融資を受けることがメインとなるカードローンですので住宅ローンのような大きな借金はできません。

住宅ローンを希望する方は銀行に相談することになると思いますが、三井住友銀行やみずほ銀行など、まずは大手の銀行を検討したほうが無難で安心でしょう。

まとめ

消費者金融のカードローンを利用するメリットは、短期間で申し込みから審査・借入れまで行えるという点です。どうしても当日中に数万円必要、という方には助かる部分と言えるでしょう。その反面、金利が高く設定されている事や、支払時に元本が減りづらいという点が挙げられます。消費者金融カードローンのCMでも表示されるように、あとあと自分が苦しくならないよう、無理の無い返済計画を立てるよう心がけましょう。

また、そうならないためにも、消費者金融ごとのウェブページからどのようなプランがあるのかをきちんと把握しておくのがオススメ。なかには、自分にぴったりな返済方法が選べるプランもあるかもしれません。賢く借りて賢く返す、これができれば消費者金融は強い味方になってくれるでしょう。

関連|参考|お金を借りる(TOPへ戻る)

追記

カード貸付金の借り換えは、借入利率がどれほど低く設定されているかも価値があるな点ですが、その事以上にゆとりを持ったお金を下拵えしてもらう事ができるか如何にかがキーポイントになります。
それは、上限利息が競合企業と対比して低く設定されているという事なのです。
フリークレジットに関しましては、銀行系が最高低利率だと評されますが、よく広告を見かける主だった支出者金融系でも、利息を抑えて借入できるなところがとても増大してきた事は間違いないのです。
原則として銀行が取り扱っているフリー貸付金は低利率であり、借金可能なプライスにも法規制はかかりませんので、百万円刻みなど多額の元金を不可欠としている人に合ったアイテムと言えるでしょう。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です