お金を消費者金融で借りるメリットとデメリット

お金を借りる場所として、銀行以外にも消費者金融を利用する方法というのがあります。
CMや雑誌の広告欄などでも、企業名を見たことがある、という方も多いはずです。
それでは、消費者金融でお金を借りるメリットやデメリットは一体どういうものがあるのでしょうか?
ご紹介いたします。

消費者金融を利用するメリットについて

消費者金融は、以前はサラ金と呼ばれたり、街金と呼ばれたりする業者のこと。
現在は、銀行と提携したり、インターネットでの申し込みに対応したりと利用しやすい上に、信頼できる業者として多くの方が借入れを申し込んでいます。
そんな消費者金融を利用するメリットには下記の2つが挙げられます。

急な出費にも対応できるスピードキャッシング

消費者金融のメリットとして最初に挙げられるのは、スピードキャッシングです。
申し込みから最短、30分から1時間程度で審査を終わらせる事ができますので、緊急の場合にも利用がしやすくなっています。

これは、無人契約機の登場により可能になったもの。
近くに店舗がなくとも、街のあちこちにある無人契約機を利用して審査を申し込めるのです。
ここで、必要な書類に記入をしたうえで、係りの人と電話でやりとしながら審査を行ってもらいますが、その時間はおよそ30分もかかりません。

さらに最近では、スマートフォンなどから借入れを申し込める会社も増えています。
生年月日や勤務先・収入の記入を行うだけで、簡単に審査の申し込みが行えるのがメリットです。
審査が通った後に必要となる書類は、無人契約機から送る以外にも、郵送による手続きも可能となっています。

手続きから返済まで簡素でわかりやすい

消費者金融でお金を借りる場合、原則として保証人や担保が不要です。
その上、複数の契約書に何度もサインをして、審査に時間がかかった後に確認などが行われるようなものと比べて、手続きが簡素な点がメリットといえます。
これだけ簡単な手続きなので、空いた時間に、電話やインターネットなどで申し込みが行えるのも特徴です。
これであれば、家族や友人にばれてしまう心配もありません。

また、返済方法も簡素になっていることも特徴です。
窓口での扱い以外にも、無人店舗にあるATMから支払えますし、最近ではコンビニATMやインターネットバンキングでの返済できます。
平日は忙しいサラリーマンの方でも、時間に追われることなく返済でき便利に感じるでしょう。

スピード手続きの代わりに金利が高くなってしまう

消費者金融を利用するデメリット面として挙げられるのが、金利の高さです。
担保や保証がない反面、回収リスクを減らすために通常よりも高い金額で設定されています。

また、原則として元本と利子を並行して返済する契約を結ぶため、完済するまでの時間が長くなってしまう場合も多いとされています。
月々の返済金額だけを見ると、3000円や5000円と小額なため、ついつい使いすぎてしまう人も少なくありません。
しかし、いざ返済を行おうとしてもお金が足りず、最小金額だけを毎月返済する場合が多く、利子だけを支払うような形となってしまい、元本が減らずに残る事も考えられます。

そこでオススメなのが、金利0キャンペーンを利用すること。
これは、初回の借入を行った方が初月で完済をした場合に、金利が0になるというプランのことで、消費者金融では比較的ベーシックなプランです。
仮に初月で完済できなかったとしてもある程度まとまった金額を返しておくことで、返済が滞ることもなくなり、泥沼にはまる危険も回避できるでしょう。

まとめ

消費者金融を利用するメリットは、短期間で申し込みから審査・借入れまで行えるという点です。
どうしても当日中に数万円必要、という方には助かる部分と言えるでしょう。
その反面、金利が高く設定されている事や、支払時に元本が減りづらいという点が挙げられます。
消費者金融のCMでも表示されるように、あとあと自分が苦しくならないよう、無理の無い返済計画を立てるよう心がけましょう。

また、そうならないためにも、消費者金融ごとのウェブページからどのようなプランがあるのかをきちんと把握しておくのがオススメ。
なかには、自分にぴったりな返済方法が選べるプランもあるかもしれません。
賢く借りて賢く返す、これができれば消費者金融は強い味方になってくれるでしょう。

関連/お金を銀行で借りるメリットとデメリット

追記

支出者金融ないしは銀行の利率には下限と上限の2種類があるわけですが、カード貸付金の利息を並べて対比するなら、上限利率に目を配る事が必須です。
支出者金融ないしは銀行の利率には下限と上限の2種類があるわけですが、カード貸付金の利息を並べて対比するなら、上限利率に目を配る事が必須です。
支出者金融ないしは銀行の利率には下限と上限の2種類があるわけですが、カード貸付金の利息を並べて対比するなら、上限利率に目を配る事が必須です。
具体的な例を挙げると、「お整理貸付金」を設けるという時は、総量規制の対象にはならないので、年収の3分の1オーバーの融資を受ける事ができるというわけです。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です