国からお金を借りる!国や市町村等、公的機関から借りる方法や制度

お金に困っている方は一般的に消費者金融や銀行から融資を受けるものです。しかし、融資をしてくれるのは消費者金融や銀行だけではありません。国や市町村、公的機関からお金を借りることも可能なのです。こちらでは、そういった機関からお金を借りるための情報を集めました。それぞれに対象者や条件がありますので、内容を理解した上で利用するようにしましょう。

国から法人の事業資金を借りるなら日本政策金融公庫

消費者金融や銀行以外でもお金を借りることができますが、その代表の一つが日本政策金融公庫でしょう。日本政策金融公庫とは国が100%出資している金融機関で、個人ではなく法人を対象にお金を貸しているのです。起業した中小企業経営者や個人事業主が事業資金に困ることもありますが、銀行から融資を受けられないという場合もあるでしょう。この状況では、事業が行き詰まってしまいます。国、日本政策金融公庫では、こういった悩みを解決するために、事業資金の調達や運転資金の調達をサポートしているのです。

銀行や消費者金融も法人への融資を行っていることから、日本政策金融公庫も同じように見えますが、内容が異なっています。日本政策金融公庫は銀行よりも利息が低く設定されていることが、違いの一つと言うえるでしょう。

例えば、国ではなく一般の金融業者から100万円の融資を受けた場合に、日本政策金融公庫と消費者金融ではどれだけの違いがあるのかを考えてみましょう。仮に、消費者金融で融資を受けた場合の年利は約18.0%です。しかし、日本政策金融公庫であれば、年利は約2.0%です。銀行で100万円の融資を受けた場合でも、年利は10%以上が一般的ですので、日本政策金融公庫の年利がいかに低いかが分かります。

日本政策金融公庫は年利が低く設定されていますが、特に300万円以下の小口融資の場合は、利息に差が出ます。そのため、小口融資を希望している中小企業経営者や個人事業主は、日本政策金融公庫を利用しましょう。国からお金を借りることで低リスクで借入負担も最小限に留めることができるのです。

また、日本政策金融公庫のメリットは金利だけではありません。消費者金融や銀行から融資を断られることがありますが、日本政策金融公庫であれば審査が通ることもあるのです。個人事業主や中小企業経営者は実績によって審査に通らないこともありますが、そういった場合は日本政策金融公庫の審査を受けましょう。これにより資金調達が可能となるので、経営者の方は確認しておくことをおすすめします。

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる

お金が必要になる方はさまざまで、この国には資金調達に悩む経営者だけでなく生活に困窮した方もいることでしょう。低所得者、高齢者、障害者など安定した生活ができずに、いつまでたっても生活を立て直すことができない方も多いのです。そういった方の生活のため、都道府県の社会福祉協議会が貸付を行っているのが、生活福祉資金貸付制度なのです。それでは、具体的にどういった方が対象となっているのでしょうか。

消費者金融や銀行から融資を受けられない低所得者世帯、障害者手帳を交付された障害者世帯、65歳以上の高齢者が属する高齢者世帯、こういった世帯が生活福祉資金貸付制度の対象となっています。これらの世帯は一度生活が困窮してしまうと立て直しが困難になってしまい、いつまでも貧しい生活から抜け出せないことがほとんどなのです。そのため、生活福祉資金貸付制度はセーフティネットの一つとも言えるでしょう。資金のニーズなどは時代によって大きく変化するため、平成21年10月から資金の種類を4つに整理をしたのちに、貸付利子の引き下げも行われました。そのため、生活福祉資金貸付制度は利用しやすくなったと言えるでしょう。

また、いくら融資を受けてお金を手にしたとしても、生活の立て直しができなかったら同じことの繰り返しになってしまいます。繰り返さないためには、この国でキチンと仕事をすることが欠かせませんが、何のサポートもなしで就職先を探すことが難しいという方も多いでしょう。そういった方は、就労支援の相談窓口も設けられているので利用するのをおすすめします。

また、生活サイクルを見直す必要もありますので、家計指導なども行っており、生活そのものをサポートする制度と言えるでしょう。平成27年4月から、生活困窮者自立支援制度が始まり、これによって生活困窮者に対して積極的なサポートが行われるようになったのです。対象者に該当される方は、こちらの制度の利用を検討してみると良いでしょう。

問い合わせ先が市役所だと思われがちですが、実際には住民票がある地域の近くにある市区町村社会福祉協議会、都道府県社会福祉協議会に問い合わせることで支援の詳細を知ることが出来ます。

総合支援金貸付制度でお金を借りる

失業などで誰もが突然生活が困窮することがありますが、総合支援金貸付制度とはそういった方の生活の立て直し、経済的な自立をサポートするために存在しています。総合支援金貸付制度は、社会福祉協議会とハローワークが行っている制度で、生活支援費や住居入居費、一時生活再建費などの融資を、社会福祉協議会から受けることができるのです。

生活支援費とは、生活を立て直す期間の生活費として利用可能で、原則的に3ヶ月間に渡って月に20万円まで(単身者の場合は月に最大15万円まで)貸付を行っています。条件によっては、最大で12ヶ月までの延長が可能です。生活困窮者のなかには、住まいを持たない方もいることでしょう。そういった方のため、敷金礼金や住宅の賃貸契約を結ぶための費用を40万円まで借りることができるのです。

また、一時生活再建費の貸付も行っており、こちらは就職活動、技能習得、家賃・公共料金の滞納分の立て替え、債務整理費用などに使うことが可能で、60万円まで借りることができます。これらの貸付は連帯保証人無しでも利用可能で、その場合の年利は1.5%となっています。連帯保証人がいる場合であれば、無利子で借りることも可能です。

総合支援金貸付制度の対象者を具体的に挙げると、失業や収入の減少によって生活に困窮している低所得者世帯、公的書類で本人確認ができる方、住居のある方もしくは住居確保給付金の申請後に住居の確保が見込める方などです。また、自立相談支援事業によって社会福祉協議会とハローワークから支援を受ける方、ほかの公的給付や公的貸付を受けられない方も対象になっています。

現代社会では、どのようなタイミングで失業するか分かりません。突然生活が困窮することも考えられます。そういった際に備えて総合支援金貸付制度の存在を知っておくと良いでしょう。気になる方は、お住まいの地域のハローワークに相談をしてみてください。

共済組合貸付制度でお金を借りる

誰もが突然お金が必要になることがあり、公務員の方でも急にお金が必要になることもあるでしょう。もちろん公務員だったとしても、消費者金融からのキャッシングは可能ですが、公務員しか利用できない融資もあるのです。これは、共済組合貸付制度と呼ばれる制度で、公務員の種類によって共済組合は異なります。

共済組合は公務員が加盟する組合で、警察官であれば警察共済組合、教員であれば公立学校共済組合などがあります。共済組合貸付制度は共済組合に加入している方を対象にしており、申請をすることで融資を受けることが可能です。特に多いのは、マイカーローンや不動産ローンで、そのほかにも医療や冠婚葬祭などに使われることもあります。融資の限度額は月給の6倍、200万円までに設定されているので注意しましょう。

共済組合貸付制度は、低金利というメリットがあります。実質年利が2.66%ですので、消費者金融や銀行などの融資よりも低金利に設定されています。共済組合貸付制度は、公務員にとって魅力的な制度と言えるでしょう。

共済組合貸付制度のメリットは金利だけではありません。連帯保証人や担保、抵当権などが必要ありませんので、手軽に融資を受けることができるのです。また、共済組合貸付制度で融資を受けた場合、信用情報機関に情報が登録されることがありません。そういった意味でも、消費者金融や銀行からのキャッシングよりメリットの多い制度と言えるでしょう。

こちらの共済組合貸付制度を利用するには、加盟している共済組合の担当部署に申請が必要です。共済組合貸付制度は、使用目的が限られているイメージがありますが、用途はある程度融通が利きます。自分の目的に合わせて融資を受けましょう。

母子父子寡婦福祉資金貸付金でお金を借りる

母子家庭や父子家庭によっては、子どもの教育資金で苦労することも少なくありません。母子父子寡婦福祉資金貸付金はそういった家庭を対象にした貸付制度で、子どもの教育資金に使うことができます。また、母子父子寡婦福祉資金貸付金は、親が就職するための技能習得資金や住居の移転、住居の改築などに使うことも可能です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金は、奨学金と似たようなイメージがありますが、これにはどういった違いがあるのでしょうか。奨学金制度とは、国内の大学、短大、専修学校(専門課程)、高等専門などで学ぶ方のなかで、資金が足りないという方を対象に日本学生支援機構が行っている制度です。これは、母子家庭や父子家庭を対象にしているわけではありません。奨学金は返済をしなければなりませんが、第一種奨学金は無利息となっており、第二種奨学金は利息付きとなっています。平成27年3月では、利率固定方式の場合は年0.63%、利率見直し方式の場合は年0.10%です。

また、第一種奨学金は「特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な方」と決められているため、誰もが第一種奨学金を受けられるわけではありません。しかし、母子父子寡婦福祉資金貸付金であれば、対象者の制限がありません。

母子父子寡婦福祉資金貸付金は、都道府県、指定都市、中核市などが貸付を行っており、役所に相談窓口がありますので、そちらに連絡をしましょう。また、申請をしてから資金が交付されるまでに1ヶ月以上かかるので注意してください。一般的に金利は1.5%に設定されていますが、連帯保証人を付けることで無利子になります。母子父子寡婦福祉資金貸付金の仕組みは市町村によって異なりますので、まずは相談をしましょう。

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度は平成27年4月から始まった制度で、生活困窮者の自立をサポートするための制度です。これは全国に相談窓口が設置されており、気軽に相談をすることができます。これまではこういった窓口が無かったため、一度生活に困窮してしまうとなかなか生活を立て直すことが難しかったのです。しかし、生活困窮者自立支援制度によって、以前よりも生活を立て直しやすくなっています。具体的にどういったサポートを行っているのでしょうか。

自立相談支援事業では、一人ひとりに合わせた支援プランを立てています。困窮している状況は一人ひとり異なりますので、それぞれに合わせた支援プランを立てる必要があるのです。こういった悩みは他人に相談しづらいということもあり、なかなか立ち直ることができない方もいらっしゃったでしょう。相談窓口には専任のスタッフが在籍しているため、スタッフと相談しながら支援プランを立てることができるため、少しでも早く自立を目指すことができるでしょう。

住居を失った方も少なくありませんが、就労するには住居が必要です。そのため、住居確保給付金を支給しているのです。これは一定期間の家賃相当額を支給しており、給付金によって生活を立て直すことができます。一度生活のベースを整えることが大切です。

社会との関わりやコミュニケーションに自信の無い方も多いことでしょう。しかし、生活を送る上でコミュニケーションは欠かせません。この制度では、半年から1年間のプログラムを用意しており、これによって就労に向けた基礎能力を身につけることもできます。

また、いくら給付金などを受け取ったとしても、家計を見直さなければ同じことの繰り返しです。そのため、家計相談支援事業では家計の立て直しをアドバイスしています。支援計画の作成、相談支援などを行っており、これによって生活を見直すことができるでしょう。そのほかに就労訓練事業や子どもの学習支援なども行っており、総合的に生活の立て直しが可能となっているのです。

職業訓練受講給付金(求職者支援制度)

職業訓練受講給付金とは職業訓練を行う方を対象にした給付金です。具体的には、ハローワークに登録をしている、雇用保険被保険者や雇用保険受給資格を持っていない、労働の意思と能力がある、職業訓練などの支援の必要があるとハローワークが認めているなどの条件を満たしている方が対象となっています。これらの職業訓練受講給付金の条件を満たしている方は、雇用保険の失業給付を受給中に再就職できなかった、雇用保険加入期間が足りない、自営業を廃業した、就職が決まらないまま学校を卒業したといった方が多いでしょう。

こちらの職業訓練受講給付金は月額10万円が支給され、職業訓練実施機関までの通所手当も支給されます。寄宿手当として月額10,700円も支給されるのです。また、通所手当は限度額が決められているので注意しましょう。

支給要件も定められており、本人の収入が月8万円以下、世帯収入が月25万円以下、訓練実施日に全て出席しているなどが挙げられます。なかでも、特に注意すべきなのは訓練の出席でしょう。1日でも欠席してしまうと、その月の給付金は支給されません。これは遅刻や早退、欠課も欠席扱いとなってしまうので注意しましょう。しかし、病気などハローワークが認めた理由であれば欠席扱いにはなりません。ただし、いくら理由があったとしても8割以上出席しなければ給付金は支給されないため、注意しましょう。

また、支給申請は毎月行う必要があります。1ヶ月に一度はハローワークの指定する日に来所し、そこで職業相談と支給支援をしましょう。ここで来所をせずにいると、就職支援拒否になり給付金は支給されません。職業訓練受講給付金では職業訓練に参加することが大切です。分からないことがあったときは、ハローワークに相談するようにしましょう。

年金担保ローンでお金を借りる

年金受給者のなかでも急にお金が必要になることもありますが、多くの消費者金融や銀行は、高齢者に融資を行っていません。しかし、年金を受給している高齢者はキャッシングができないというわけではありません。年金担保ローンを利用することで、高齢者でもキャッシングすることができます。どのようにしたら年金担保ローンが利用できるのでしょうか。

独立行政法人福祉医療機構が年金担保ローンを行っており、こちらに申請をすることで高齢者でもキャッシングができるのです。そのほかに日本政策金融公庫の恩給・共済年金担保融資もあります。年金担保ローンを行っている機関はこれら2つだけですので、それ以外で「年金担保ローン可能です」と謳っている業者は避けましょう。なかには、高齢者を騙そうとする悪徳業者も存在しています。こういった悪徳業者は闇金の可能性が高いので絶対に避けましょう。お金に困っていると冷静な判断ができなくなることもありますので、慎重に申し込みをしてください。

年金担保ローンはどのようにして返済をしたら良いのでしょうか。年金受給者は仕事を定年退職しているため、年金以外の収入を持たない方がほとんどでしょう。そのため、基本的に年金から返済額が引かれるので、これによって返済を行います。

具体的には年金の半額までを返済に可能で、下限は1万円の返済も可能です。これまでは、年金の全額を返済に充てることも可能でしたが、これによって高齢者の生活が破綻することもありました。破綻の状況を避けるために、年金の半額までの返済に変更されたのです。また、年金担保ローンは何よりも返済のことを考える必要がありますので、生活のことを考えてお金を借りるようにしましょう。生活を圧迫するほど高額な融資を受けてしまうと、生活が困難になってしまいます。

どれも該当しないなら銀行やカードローンでお金を借りる

国や市町村、公的機関からキャッシングをすることは可能で、給付金を受け取ることができる場合もあります。しかし、こういった制度は誰もが利用できるわけではないため、条件をクリアする方は限られているでしょう。国や公的機関からの融資は低金利であることが多いので魅力的に思えますが、条件をクリアするためのハードルは高くなってしまうのです。そのため、多くの方がキャッシングをする場合は、別の方法を考える必要があります。

最も手早い方法は、消費者金融でしょう。テレビCMや電車の中吊り広告でも消費者金融を見る機会は多く、どのような町にも消費者金融の無人契約機が存在しているものです。近年ではインターネットの普及によって自宅に居ながら契約をすることができます。キャッシングは周囲の人に知られたくありませんが、インターネットからの申し込みであればその心配がありません。お金に困っている方のなかには、消費者金融からのキャッシングを検討する方もいらっしゃるでしょう。キャッシングができるのは消費者金融だけなのでしょうか。

一般の方が利用できるキャッシングは消費者金融だけではありません。銀行カードローンからもキャッシングは可能なのです。銀行カードローンは、消費者金融には無いメリットがありますので、銀行カードローンからのキャッシングをおすすめします。現在はどのような銀行でもカードローンを行っており、気軽に利用することができるのです。

銀行はマイホームローンやマイカーローン、教育ローンなどのイメージがありますが、それだけではありません。銀行にはお金の使用目的が決められていないフリーローンもありますので、生活費や欲しいものの購入などに利用することができるのです。消費者金融ではなく銀行カードローンも検討しましょう。

消費者金融カードローンでお金を借りることも選択肢に

消費者金融と言えば、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットなどが代表的なサービスです。中には担保・保証人不要で借り入れできるサービスもあります。

中小消費者金融であっても、5万円以内の申込など少額であれば比較的借りやすいとはいえるでしょう。

事業資金以外であれば用途は自由というサービスも多いので、我が子の教育支援資金や、高校の入学・就学に向けた資金などを最短即日で準備出来るも消費者金融の特徴であり魅力です。

その他、緊急で介護のサービスの為に借り入れをするなどの用途や会社から次の給料が振り込まれるまでの繋ぎなど、幅広いニーズに応えてくれます。

手続きの流れがとてもシンプルで、簡単な身分証明書等で借り入れができ、難しい書類の提出はないケースも多いです(業者によります)。

ただし、安定した収入が必要ですので生活保護や無職の方だと審査を通過できないのが通常でしょう。貸し手としては、貸したお金や金利の支払いが出来ない人に貸し付けは出来ないからです。

銀行カードローンでお金を借りるメリット・デメリット

消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。何よりも銀行という安心感でしょう。もちろん消費者金融も大手は存在しており、全国展開をしている消費者金融も少なくありません。しかし、いくら大手の消費者金融だったとしても銀行の安心感には敵いません。キャッシングはお金に関わることですので、より安心感のある銀行カードローンは大きいメリットでしょう。

銀行カードローンは消費者金融と比較して低金利となっています。キャッシングとは必ず返済をする必要がありますが、それは元本だけではありません。必ず利息も払う必要があるのです。利息は金利によって決まりますので、少しでも節約したいのであれば低金利の銀行カードローンが良いでしょう。また、銀行や借りる金額によってカードローンの金利は異なりますので、まずはそれらを確認してください。多くの銀行のホームページで返済シミュレーションができますので、そちらを利用しましょう。

すでに口座を持っている銀行であればスムーズにキャッシングができます。銀行のキャッシュカードを利用して借入返済もできますので、家族や知り合いに知られてしまう可能性も低いです。また、銀行ATMからも利用できるため、周囲の目を気にする必要もありません。

消費者金融と比較するとどうしても審査に時間がかかってしまうので、消費者金融のような即日融資は難しくなってしまいます。これは銀行カードローンのデメリットですが、低金利であることや銀行ATMからも利用できるといった点などを踏まえてみると、銀行カードローンは魅力的でしょう。消費者金融に申し込む前に銀行カードローンをチェックして、ご自身に合ったローンを利用するようにしましょう。

追記

即日融資に頼るしかないと思い描くのは、唐突にお金を工面しなければいけなくなったからですが、そうした状況の中「収入証明書を準備してください!」と言われても、容易に仕込みできない人の方が多々あるでしょう。
お整理貸し出しに申し込んで償還の負担を減らしたいなら、自然ですが現時点でより低利率の銀行を活用しましょう。
フリークレジットに関しましては、銀行系が最高低利率だと評されますが、よく広告を見かける主だった支出者金融系でも、利息を抑えて借入できるなところがとても増大してきた事は間違いないのです。
20万とか30万とかの借入だとすれば、上限利息で計算される決まりだからです。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です