お金を銀行から借りた時の一般的な金利

金融機関からお金を借りる場合、最初に思いつくのが銀行という方も多いでしょう。
安心感が、消費者金融などと比べて高いと感じられるためです。
しかし、銀行からお金を借りたら、どれくらいの金利がつくのかをきちんと理解している方も少ないかもしれません。
銀行での借入れ審査と金利について紹介します。

関連/お金を銀行で借りるメリットとデメリット

初めてお金を借りる人の場合

初めてお金を借りる人の場合、金利は年4%程度というのが相場です。
仮に10万円を1ヶ月借りた場合、利息は100,000円×4%×30/365=328円となります。
現在は、消費税が8%の時代です。
これの半分となれば、かなり低い、と感じる方も多いのではないでしょうか。

ちなみに消費者金融からお金を初めて借りた場合、4.5%~5%程度が相場です。
たった、1%前後の変化であれば、審査も通りやすそうなイメージがある消費者金融のほうが良いのではないかと考える方もいるかもしれません。
しかし、同様の条件で10万円借りた場合、利息は369円~410円と差が出てきます。

ということは、これが30万円や50万円といった大きな額になると、かなりの差が開くのは想像に難くないはず。
ある程度まとめて借りた場合、この金額の差が大きな負担となりますので、1%でも金利の低い銀行からの借入れがオススメです。

複数社を利用している場合

複数の銀行または消費者金融から借入れを行っている場合、金利額も高くなる傾向にあります。
大手銀行のカードローンでは、平均14%程度が上限として設けられているのが主です。
30万円を新たに借入れた場合、月々の金利額は3,452円となります。

負担はそれだけではなく、他社で借入れを行っている利子分も当然計算しなければいけません。
百万単位で借入れている人は、金利14%とした場合、11,506円という利子を毎月払う必要があります。
一般的なスライド返済方式の場合、元本と合わせた金額が返済額として提示されるため、実際の負担額は最低でも15,000~20,000円と考えておくとよいでしょう。

お金を借りる時はスムーズに行えたとしても、いざ返済する時は利子の部分で苦労する人も多いと言えます。
毎月返済を行っていても、実際には利子しか返せていなかった、という話も少なくありません。

より低い金利で借りるためには

利子の負担を少なくするためには、金利の低い会社を選ぶのが大切です。
とはいえ、広告に書かれている金利は上限から下限まで幅広く書かれており、実際に自分が利用したら、どの金利で借入れできるのかが分からないと、不安に思う方も少なくないでしょう。
金利を低くするためには以下の条件が重要です。

安定した収入があるのか

初めて借入れを行う人が、より低い金利で利用するためには、ある程度安定した収入を得ている事が重要です。
もちろん、高い年収を得ているかどうかも、大切なことですが「時間をかけてでもきちんと返せる人か」というのが銀行にとっては大切な価値基準となっています。

借入れ先がどの程度あるのか

複数の借入れをしている人の場合、どうしても金利は高くなる傾向にあります。
そこで、考えたいのが借入れ先を減らす方法。
おまとめローンがこれに該当しますが、借りる金融機関を金利の低い銀行に一本化してしまえば、返済金を結果的に減らすことにもつながります。
銀行側からしてもリスクの管理が簡単になるので、低い金利でも借りやすくなるでしょう。

まとめ

銀行で初めてお金を借りる場合、消費者金融の場合金利が5%程度に対し、4%程度が相場となります。
したがって、財布への負担が少ない借り方をするためにも、銀行での利用を第一に考えるのが基本です。

とはいえ、いくら銀行でも自らの信用情報がしっかりしていなければ、どれだけ条件のよいところでも金利は高くなってしまいます。
もし、他の金融機関でも借入れを行っている状況であれば、おまとめローンも視野に入れた状態で、お互いにとってメリットのある選択をするようにしましょう。
キャッシングをする際には、このように「借りやすいか」だけでなく「返済しやすいか、金利が低くなりやすいか」を考えていくことが大切です。

追記

即日融資は、たいていの金融機構で取り扱っていると言ってもオーバーではないほど、世間に知れ渡ってきたと言えるでしょう。
どのカード貸し出し専門家が得なのか対比するときに、汲み取るしておくべき点は「無利息が適用される期間の長さ」、「申込日と同日ローンができるか如何にか」、「収入証明書を提示しなくても借金可能なか」などです。
電話による在籍見定めができないと、査定をクリアできない事もあり得ます。
カード貸し出しの借り換えの1番の長所は、とどのつまり利息の負担を減らせる事です。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です