審査では何を基準にお金を借りれる判断するのか

キャッシングを申し込む際、消費者が気になるのが審査についてです。
お金が足りずに困っている状況にもかかわらず審査が通らなかったのでは、資金が調達できません。
そこで、少しでも審査が通りやすくなるか、審査で決まる上限金額がどの程度なのかについてあらかじめ知っておくようにしましょう。

収入面

貸し出したものの、お金をきちんと返済してくれないと、貸金業者も損失を受けてしまいます。
そのため、収入の低い方や安定していない方は、業者にとってリスクの高い相手と取られる可能性が高いです。
そこで、貸金業者では次のような基準を持っていることがほとんどですので押さえておいてください。

収入の高低:高いほうが限度額を大きく、低い場合には最初は限度額が低く実績に応じて高くする
収入が安定しているか:安定していない場合は、限度額を低くするか審査で断る、安定している場合には収入に限らず限度額を高めにする

上記の考え方のもとで審査されることがほとんどですが、収入というのは何を指すのかわからない方もいるかもしれません。
これは、正社員や派遣社員といった月給制の方はもちろん、パートやアルバイトといった時給制で働く人でも収入があると判断されます。
ただし、新卒の会社員だったり、何度も職場変更しているようなパートの方だったりすると審査は厳しくなりがち。
同じ理由で、個人事業主の方も審査には通りにくいです。

収入額については、給与明細書や源泉徴収票などを提出して審査されます。
また一部の消費者金融では、申告した勤務先に間違いが無ければ、収入を証明する書類を提出しなくても借入れの審査に進むケースも少なくありません。

参照/収入証明の発行方法はお金を借りる前に知っておこう
参照/キャッシングをしてお金を借りる際に要るもの

素行面

貸金業者が知れる範囲で普段の生活から、お金を貸しても問題ないかどうか、という面も審査の基準の一つです。
例えば、住まいを転々としている方や、転職を繰り返している方は審査で不利になってしまう可能性があります。
さらに、これらに加えて、過去に借入れの経験を持っている方や信用情報機関に返済が滞ったような事故履歴がされているケースでは、夜逃げリスクのある人として審査で拒否されてしまうかもしれません。

また、短期間の間に複数の金融機関で借入れ申し込みを行った場合も、一時的に借入れが断られるようになります。
これは、事故履歴とは違い、半年から1年程度で記録は無くなりますが、途中で審査申し込みをまた行うとその分、期間が長くなってしまうリスクが生じます。
したがって、一度審査で断られたら時間を置くようにしましょう。
事故履歴などがあるかどうかは、各機関の窓口やホームページから閲覧できますので合わせて知っておきましょう。

これまでの借入れ状況

収入面や素行面に問題が無くても、これまでの借入金によっては、審査が厳しくなるケースがあります。
現在の法律では、総量規制として年収の3分の1までしか借入れができない決まりとなっているためです。
口頭での質問ではよく聞かれる点ではあるものの、審査の結果として告げられない事が多いため注意しましょう。

ただし、個人事業主の方が事業資金として借入れを行う場合には、総量規制の対象外となります。
そのほかにも、法人の方や、保証人を付けた個人の借入れなどは対象外となりますので、もし、総量規制によって借入れが断られた場合には、不動産や保証人を用意することで条件をクリアできるでしょう。

まとめ

消費者金融をはじめ、金融機関からお金を借りるための審査には、収入や素行といった「申し込みを行う人物」の情報が関係してきます。
お金を貸したとしても、途中で頓挫することなく完済できる状況、と判断されれば、審査も問題なく通ることでしょう。
その反面、現状や先が見えない状態でお金を借りたい、もしくは漠然とした返済計画しか立てていないと判断されてしまえば、書類審査の段階で断られてしまうケースも多いです。

借入れ状況については、他の金融機関で申し込みを行っていても、信用情報機関によって情報の共有がされています。
もし、審査に落ちてしまった場合には何かしらの情報が記載されているかもしれませんので確認してみることも選択肢。
正しい方法と、返済に対してきちんと計画を立てているのであれば、希望通りのお金を借りられるようになるはずです。

追記

とは言いましても、申し込んだ日にお金を借りるという時は、「オンラインエントリーのみ扱って」など、若干のルールがあるので、真っ先に確かめておく事が価値があるです。
そうしたわけで、個人がビジネスで使用するお金としてローンする時は、総量規制から除外されるのです。
要約すれば、銀行でのキャッシングは総量規制の壁に阻まれる事はないのです。
カード貸付金の借り換えは、借入利率がどれほど低く設定されているかも価値があるな点ですが、その事以上にゆとりを持ったお金を下拵えしてもらう事ができるか如何にかがキーポイントになります。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です