所得証明の発行方法はお金を借りる前に知っておこう

消費者金融でお金を借りる際には、身分証明書や印鑑があれば申し込むことが可能です。

しかし、収入証明の提出といわれてもどのような書類を指すのか見当がつかない方もいるでしょう。
ここでは、収入証明が何を指すのかについて紹介します。

関連/キャッシングをしてお金を借りる際に要るもの

収入証明書として有効なものは?

収入証明書とは読んで字のごとく、「自分の所得(収入)がどの程度のものなのかを証明する書類」のことを指します。
金融機関では、このような呼び方ですが、基本的には誰もが持っているようなものを指すため、特別改めて取得する必要がないことがほとんどです。

・給与明細書
サラリーマンのように、どこかで雇用されて給与を得ている場合、収入証明書は給与明細となります。
給与明細書は、法律で給与支払い時に発行の義務を行うよう法律で決められており、毎月給与と一緒に受け取っているはずです。

もしかしたら、給与明細は確認したら捨ててしまうため持っていないという方もいるかもしれません。
しかし、急な資金繰りで、大きな金額が必要になる場合もあります。
借入れを申し込む際に、手元になくて困った、というトラブルを避けるためにも最低でも3ヶ月分は自宅に保管しておいてください。

・源泉徴収票
源泉徴収票とは、年間でどれくらい給与を得たかということと、その中から所得税として会社が納税を代行したさいに、いくら納めたのかを記したものです。
主に年末に、収入や税金などが正しく計算されているのかをチェックするために使われます。
自身の年収を確かめたい場合や、ボーナスの額が合計でいくらなのか、といったことを調べるのにも便利な資料ですので、毎年保管しておくことがおすすめです。

この源泉徴収票は給与明細書と同じく、働いている会社から発行してもらうものです。
もし、紛失してしまったり、手元になかったりした場合には、任意のタイミングで再発行を頼むことができるのも源泉徴収票の特徴となっています。
借金をするために、欲しい。
というのは、気が引けますが住宅ローンや自動車ローンの見積もりに必要になった、というのであれば会社側も発行手続きをしてくれるでしょう。
ただし、再発行にはある程度の日数がかかります。
特に、大企業の場合には、本社での手続きが必要になるなど、時間と手間がかかってしまうので、注意してください。

確定申告書

確定申告書は申告書A・申告書B・申告書第三表という3つのパターンに分かれています。
給与所得や一時所得、配当所得を得ている人は申告書A、それに加え事業所得や不動産所得を得ている人は申告書Bを使用します。
土地や株の譲渡により分離課税が発生した場合には、さらに申告書第三表を用いて記入する形です。

確定申告は、働く会社や国が発行するものではなく、自らが手続きや申告をして得る格好となります。
記入する書類は税務署でもらえ、提出する際にも同様の場所へ届ける形です。
仕事で忙しい場合には、国税庁のホームページからも印刷することができます。
また、時期によっては市区町村役場や確定申告専用の相談窓口でも手に入れることが可能です。

個人事業主が確定申告を行う場合、白色・青色申告の2パターンに分かれます。
控除額にも差がある反面、書類を作成する時間も大きく変わってくるため、メリットやリスク面をよく考えながら選ぶと良いでしょう。

まとめ

給与明細書は給料を受け取ると同時に受け取れるため、お金を借りる際の収入証明として最も使いやすい書類の一つです。
また、源泉徴収票も給与明細書同様に会社で発行されるものの、受け取れる期間や手続きが違うため注意しましょう。
個人事業主や一時所得を受けている方などは、確定申告書がオススメです。

追記

即日融資に頼るしかないと思い描くのは、唐突にお金を工面しなければいけなくなったからですが、そうした状況の中「収入証明書を準備してください!」と言われても、容易に仕込みできない人の方が多々あるでしょう。
支出者金融ないしは銀行の利率には下限と上限の2種類があるわけですが、カード貸付金の利息を並べて対比するなら、上限利率に目を配る事が必須です。
どのエキスパートで借りるべきか頭を抱えてしまっているなら、何とぞポイントにして頂ければと考えます。
本人の年収を知るためと償還実力があるのか如何にかを決断するために、収入証明書を出すのが必要となっているのです。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です