お金を消費者金融で借りた時の一般的な金利

スピーディな審査と借入れが特徴の消費者金融ですが、借りた時だけではなく、返す時の事も考えて利用していますか?
返す時には、借りた金額だけでなく利息を支払わなければなりません。
消費者金融でお金を借りたら、条件などによって金利相場が異なることについて紹介します。

職業や雇用形態によって金利が異なる

貸金業者からの借入れ時には、審査のための書類として現在の職業や収入、勤続年数について問われることになります。
この際に記載した職業や雇用形態によっては金利が変動しますが、特に変わりやすいのが下記の.3つに該当する方です。

アルバイトやパートで働いている

アルバイトやパートの方が借入れを行った時の金利は、収入額や働いている年数によって変わってきます。
まだ勤め始めて間もない方は比較的高い金利で設定される傾向が強いです。
逆に継続して何年も同じような収入を保っている方であれば、正社員と変わらない条件で借入れができることあります。

新社会人や転職したばかり

新社会人の場合、正社員として働き始めたとしても、信用度が低く見られがち。
結果的に、金利も高めに設定されていることがほとんどです。
これは退職や休職など、収入が極端に減ってしまう可能性があることが関係しています。

専業主婦や学生

専業主婦や学生の場合、無職という扱いになるため、現在の貸金業法によってお金の借入れは原則認められていません。
学生がアルバイトでお金を稼いでいる場合や、専業主婦が夫の同意を得て借入を行う場合には、それらの収入が基準となって金利計算が行われます。

多重債務者の金利相場

多重債務者が借入れを行った場合の金利は、ほぼ上限ギリギリに設定されるケースが多いです。
これは、最終的に債務整理となってしまうリスクが高いことが一番の原因。
お金を貸出す以上、消費者金融としては返済してもらう事を大前提に審査を進めます。
そのため、信用度が低い人に対しては金利が高くすることで、利益をあげるのが定石となるのです。

また、街金と呼ばれる消費者金融では、独自の審査を設け、多重債務者でも貸出しを行うケースがあります。
ただし、金利は法律で定められたギリギリのものが多いのが特徴です。
借りやすい反面、街金での借入れには、リスクがある行為といえますので、利用は充分に他の選択肢がないかを考えてからのほうが良いでしょう。

大手消費者金融の特徴

TVやCMなどで度々見かける大手消費者金融。
株式でも一部上場していることもあり、資本金をはじめとした運営資金も多いのが特徴です。
そのため、最低金利も銀行と変わらないケースであったり、返済に対する対応も優良な会社が多かったりします。
こういった業者で、魅力的なのは自分にあった借入れ方法をあらかじめプランとして提示してくれていることも挙げられるでしょう。
代表的なものでは女性専用ローンや、金利キャンペーンがあります。

・女性専用ローン
女性専用ローンとは、その名の通り女性が申し込むことを前提にしたプランです。
年収が男性と比べると低くなりがちな女性に対して、低金利で返しやすいようになっているのが特徴。
電話対応などもすべて女性で行われますので安心感もあります。

・初月返済金利0プラン
借りた金額をそのまま期間内に返済すれば余分にお金を取られないというプランも登場しています。
これは、お金を借りる=利子が不安、というイメージを払拭するものです。
基本的には最初の借入れ時のみの利用となりますが、どうしてもお金が必要、という時にはとても役立つはず。
期間内に返済できるめどがあるのであれば、便利な選択になるでしょう。

まとめ

消費者金融における金利相場は、職業や雇用形態によっても異なります。
ただし、パートやアルバイトといった雇用形態であっても、勤続年数が長ければ信頼度も上がっていきますので、金利も低く審査が通ることも多いです。

特に、大手消費者金融では、銀行での借入れ同様に、低い金利で利用できる場合があります。
もちろん信用情報の審査はありますが、初めて申し込みを行うのであればさまざまなプランを参照して自分に最適なものを選べば賢く借入れができるでしょう。

追記

どのカード貸し出し専門家が得なのか対比するときに、汲み取るしておくべき点は「無利息が適用される期間の長さ」、「申込日と同日ローンができるか如何にか」、「収入証明書を提示しなくても借金可能なか」などです。
ここの所のキャッシングは重宝で、即日融資にも応対可能なようになっています。
評価の高い支出者金融を順位化してご導きしております。
ここの所のキャッシングは重宝で、即日融資にも応対可能なようになっています。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です