【18社掲載】ブラックがお金を借りるなら中小消費者金融の方が高確率

急ぎで現金が必要な方にとって、消費者金融からお金を借りることできるキャッシングは、非常に有効的な方法と言えます。しかし、何らかのトラブルによってブラックリスト入りしてしまうと、キャッシングが出来なくなることがあるのです。このような状態でもお金が必要となってしまったら、一体どうしたら良いのでしょうか?そんな時に利用できるのが中小の消費者金融です。こちらでは中小消費者金融についてくわしく解説いたします。お金に困った方を狙う悪質な闇金についての注意点なども合わせてお教えいたしますので参考にしてください。

そもそもブラックリストとはどういう状態?

突然現金が必要になることが誰しも起こり得ますが、そんな時に自分がブラックリストに該当しているのかどうかは気になってしまうものでしょう。では、そもそもブラックリストとはどういった状態なのでしょうか。

消費者金融や銀行、クレジットカード会社はお金を貸すことが仕事です。しかし、だからといってどのような相手にもお金を貸しているというわけではありません。確実に返済してもらえる相手でなければ、せっかくお金を貸しても貸し倒れになってしまいます。そのため、消費者金融や銀行は信用情報機関を利用して、相手の信用を確認してからお金を貸しているのです。信用情報機関に金融事故の履歴が残っている相手に対し、消費者金融や銀行はお金を貸さないようにしているのです。この状態をブラックリストと呼びます。ブラックリストになってしまうと、消費者金融からキャッシングをすることが出来なくなってしまいます。

たとえば、金融事故を起こしてしまうとブラックリストになります。金融事故に該当するものとして、最も多いのは「返済の遅延」でしょう。過去に返済が遅れたことがあると、信用情報機関に遅延の記録が残ってしまうのです。こういった方は貸し倒れのリスクが高いと判断されてしまい、返済能力がないとみなされキャッシングが難しくなります。そのほか、自己破産や任意整理などの債務整理を行った方もブラックリストになっています。これらの金融事故の記録は約5年で信用情報機関から消えるとされており、それまではブラックリストの状態が続いてしまうのです。

ブラックでもお金を借りられるのは中小消費者金融が中心

ブラックリストに入ってしまった場合、まずは銀行からの借金はすることが出来なくなります。そして、クレジットカード会社も信用情報機関を利用しているため、新規でクレジットカードを作ることが出来なくなってしまうのです。さらに、信販会社も信用情報機関によって利用者をチェックしているので、ローンを組むことは難しくなるでしょう。このように、ブラックリストに入ってしまった場合、一般的に大手の消費者金融ではキャッシングが難しくなると言えます。

ブラックリストとなってしまった場合は、お金を簡単には借りられなくなります。しかし、そんな時でも急なお金が必要なるシーンは起こり得るでしょう。そんな時は中小の消費者金融を利用してみると良いかもしれません。大手の消費者金融ではなく中小の消費者金融であれば、共通の信用情報を扱っていない場合もあるため、キャッシングが出来ることもあるのです。そのため、ブラックリストの方でキャッシングを考えているのであれば、中小の消費者金融を検討しましょう。

消費者金融には大手と中小があります。大手消費者金融とはテレビCMや電車の中吊り広告などで目にする消費者金融で、人気テレビタレントをCMに起用しています。それとは逆に中小の消費者金融は地域に根ざした営業を行っており、街金などと呼ばれている消費者金融です。

大手の消費者金融でお金が借りられなくなってしまったブラックリストの方の場合、中小の消費者金融が見逃せない存在になると言えるでしょう。しかし、そこにはリスクも存在しています。たとえば、ブラックリストに入っている場合、お金を貸すための信用がありませんので、大手消費者金融よりも金利が高めに設定されているのです。そして、取り立ても厳しめに行われることがあります。お金を借りる上では、こういったリスクを理解した上で中小の消費者金融を利用しましょう。

ブラックでもお金を借りれる?中小消費者金融一覧

返済遅延や任意整理によってブラックリスト入りした方は、大手消費者金融からのキャッシングが出来なくなってしまいます。しかし、中小の消費者金融であれば審査が緩くなっているので、たとえブラックリストだったとしてもキャッシングが出来ることもあるのです。もちろん、中小の消費者金融のすべてがブラックリストでも借入可能というわけではありません。そのため、ブラックリストの状態でキャッシングをしたいのであれば、まずは相談しましょう。以下に代表的な中小消費者金融をご紹介いたします。

▼エイワ
エイワは中小の消費者金融でありながら、東北・関東に13店舗、中部に4店舗、近畿・中国に3店舗、九州に3店舗の営業所があります。一般的な無人契約機ではなくスタッフと対面して相談しながらキャッシングが出来ますので、返済プランを立てながら申込みを行うことが出来るという魅力があるのです。そして、毎月一定の金額を返済しますので返済もしやすいでしょう。ホームページには借入診断や返済シミュレーションも出来ますので、まずはホームページにアクセスしましょう。

▼ライフティ
いつお金が必要になるか分かりませんが、ライフティではインターネットを利用して24時間365日申し込みが可能です。そして、必要な金額はケースによってさまざまですが、1000円からキャッシングが可能ですので、経済的なピンチが訪れても安心でしょう。また、ライフティは全国のセブン銀行ATMが利用できますので、どのエリアに住んでいる方も安心です。0.3秒というスピーディーな借入診断が出来ますので、まずはそちらからチェックしましょう。

▼セントラル
セントラルのホームページからオンライン申し込みが可能で、審査結果もメールで連絡があります。家族と同居している方はキャッシングのことを家族に知られたくありませんが、セントラルであればその心配がありません。実際にキャッシングをする際は自分の口座に振り込んでもらえるので、急ぎの方でも安心でしょう。そして、後日送られてくるセントラルカードを利用することで、全国のセブン銀行ATMからのキャッシングも可能です。

▼キャネット
北海道を中心に営業を行っているキャネット。北海道内に8店舗を構えています。近くに店舗がある方はフリーダイヤルから申し込みをしましょう。そして、遠方に住んでいる方はインターネット、FAX、郵送などから申し込みが可能です。そして、モバイルサイトはガラケーからの申込みも可能ですので、スマートフォンを持っていない方も安心でしょう。そして、キャネットではマイカーローンにも対応

▼フクホー
フクホーでは7.30%~18.00%の年率でキャッシングを行っており、オンラインであれば24時間申し込みが可能です。全国どこからでも利用可能で、即日融資にも対応しています。来店や電話でも申込みできますが、そのほかにコンビニのマルチコピー機を利用して契約書を取り出すことも出来るのです。さまざまな申し込み方法が可能ですので、自分に合った方法を選びましょう。そして、女性向けのレディースキャッシングも行っているので、女性はそちらをおすすめします。

▼アロー
アローは実質年率15.00%~19.94%となっており、遅延利率は19.94%となっています。そして、貸金業法に基づいた借換ローンも行っているので、複数の消費者金融から借入のある方はこちらをおすすめします。これによって利息の軽減も考えられますので検討しましょう。そして、アローでは最短45分で審査が終了し、ホームページ上で返済シミュレーションも出来ます。ホームページから限度額の増額申し込みも出来ますので、希望する方はスムーズに申し込み可能です。

▼キャレント
キャレントでは24時間365日ホームページから申し込み可能で、審査通過後に指定の口座に振り込んでもらうことが可能です。そして、1万円~500万円まで担保・保証金不要ですので、さまざまなお金のトラブルに対応できるでしょう。ホームページから3秒の借入診断が可能で、最短3分で申し込みが可能です。ホームページで返済シミュレーションが出来ますので、そちらで返済プランを立ててからキャッシングをしましょう。

▼ライオンズリース
35年以上の長きにわたって営業を行っているライオンズリース。実質年率 15.0%~20.0%で貸付を行っており、最大300万円までの融資が可能です。24時間オンラインでの申込みが可能で、返済は指定の銀行口座への振込だけでなく、ライオンズリースの店頭窓口での返済も出来ます。名古屋で営業を行っているライオンズリースですが全国どこからでも申し込みが可能で、追加融資や再融資の申込みはホームページから行いましょう。

▼いつも
いつもでは実質年率7.0%~18.0%で貸付を行っており、1万円~50万円のキャッシングが可能です。運転免許証やパスポートなど本人確認書類があれば、その場ですぐに審査を受けることが出来ます。時間帯によっては即日振込みも可能ですので、急ぎで現金が必要な方も安心でしょう。そして、最大60日間無利息のサービスもありますので、初めての方も気軽に利用することが出来ます。また、ネットバンキングを利用して24時間返済も可能です。

▼ご融資どっとこむ
ご融資どっとこむのフリーローンでは年率18.0%~20.0%で貸付を行っており、インターネットを利用して24時間365日申込みが出来ます。急ぎの方であれば電話での申込みを利用しましょう。そのほかに来店や郵送、FAXでの申込みも可能です。また、ご融資どっとこむでは不動産担保ローンも行っており、年率7.3%~15.0%でキャッシングが可能となっており、最大の融資額は1億円です。そのほかにビジネスローンや住宅ローンも行っています。

▼アルク
アルクではインターネット、電話、FAXでの申込みを受け付けており、フリーローンは実質年率10.00%~18.00%で貸付を行っています。また、アルクではフリーローン以外にも家電ローン、教育ローン、リフォームローン、医療ローン、事業資金ローンなどのサービスも行っているので、さまざまな方にとって頼もしい存在です。そのため、申込みを考えている方はまずアルクの電話相談や相談窓口を利用しましょう。

▼スピリッツキャッシング
スピリッツキャッシングでは実質年率 15.0~20.0%となっており、遅延利息は20.0%となっています。5万円~50万円の利用限度額が設定されていますが、条件によっては300万円までの融資が可能です。返済は指定の銀行口座振込だけでなく窓口での返済も受け付けています。そして、急ぎで現金が必要になることもありますが、14時までの申し込みであれば即日キャッシングも可能です。そのほかに営業時間内であれば窓口で即日キャッシングが出来ます。

▼プログレス
プログレスでは初めての方でも50万円まで即日振込みを行っているので、緊急でお金が必要な方も安心でしょう。実質年利は15.0%~20.0%となっており、審査時間は約30分です。約30分のスピード審査を行うプログレスですが、審査結果の連絡は自宅、携帯電話、勤務先のいずれかから選択することが出来ます。もちろん、インターネット、電話等から申し込みが出来ますので、来店する必要もありません。返済は銀行振込と店頭窓口で行いますが、申込みをする前にホームページで返済シミュレーションを行いましょう。

▼ビアイジ
ビアイジへの申込みはインターネットかフリーダイヤルから行いましょう。実質年率は12.00%~18.00%となっており、返済シミュレーションを利用することで具体的な返済プランを立てることが出来ます。また、ビアイジではフリーローンだけでなく医療費貸付、個人事業主向け融資も行っているので、多くの方にとって便利な存在でしょう。そして、専業主婦向けの申込みも行っています。

▼ハローハッピー
ハローハッピーでは実質年率10.00%~18.00%で貸付を行っており、そのほかにもリフォームローン、医療ローン、事業資金ローン、不動産担保ローンなどのローンにも対応しています。フリーローンであれば運転免許証などの身分証明書、給与明細や源泉徴収票が必要ですが、ローンの種類によって必要書類が異なりますので注意しましょう。WEB、電話、FAXからの申込みが可能で、来店可能な方であれば即日融資も可能です。

▼ケンファイナンス
ケンファイナンスではインターネット、FAX、店頭窓口から申込が可能で、実質年率7.0%~20.0%となっています。そして、遅延損害金利率は15.0%~20.0%です。インターネットやFAXであれば24時間申し込みが可能ですが、即日融資を希望している方は店頭窓口を利用しましょう。キャッシングの申し込みには運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。ケンファイナンスでは5万円~50万円までのキャッシングが可能ですので、まずは返済シミュレーションを行いましょう。

▼スペース
スペースでは実質年率8.0%~18.0%での貸付を行っており、インターネットや電話、店頭窓口において申込みが可能です。時間に余裕のある方であれば手軽なインターネットをおすすめしますが、中にはどうしても時間の無い方もいることでしょう。そういった方は店頭窓口での申込みをおすすめします。特に返済プランについて悩んでいる方は、窓口でスタッフに相談をしながら申し込むようにしましょう。

▼しんわローン
しんわローンでは実質年率7.0%~18.0%となっており、延滞利率は20.0%となっています。1万円~300万円までの融資が可能となっているので、高額の融資を希望している方も安心でしょう。そして、しんわローンでは事業者向けのローンも行っており、こちらも実質年率は7.0%~18.0%となっています。電話やインターネットで申し込みを行い、スピーディーな審査を行っているので急ぎの方も安心です。

中小消費者金融は良いけど、闇金はダメ

消費者金融は、融資を行う際に利息をかけることで利益を出しています。そのため、利用者は返済する際に元本だけでなく利息も払う必要があるのです。この利息は金利によって決まりますが、金利は法律によって上限が決められています。

元本10万円未満の場合は年20%、元本10万円以上100万円未満の場合は年18%、元本100万円の場合は年15%となっています。これらの法定金利は上限ですので、これに収まる金利であれば問題ありません。そのため、消費者金融によって金利にも差があります。大手の消費者金融は少し低めに設定されていますが、ブラックリストの方は融資が出来ません。一方、中小の消費者金融は審査が緩くなっていますが、金利は高めの傾向にあります。

そして、金利を考える上では、闇金の存在は外すことは出来ません。世の中には法外な金利で貸付を行っている闇金業者というものが存在しています。法定金利を上回る金利は、法律に触れる行為です。闇金は現代の日本において社会問題にもなっており、ニュース番組などで目にする機会は多いことでしょう。たとえどのような形であっても、闇金でお金を借りることは、その後の生活を苦しめることにつながりかねません。闇金業者には絶対に関わらないようにしましょう。

闇金からの借金に返済義務はない

闇金については社会問題になることも多いのですが、なのに、それでも闇金業者がなくなることはありません。誰もが「闇金に騙されることなど絶対に無い」と考えているものですが、お金に困っていると冷静な判断が出来なくなってしまうものです。そのため、いくら法外な金利だったとしても、闇金業者を利用してお金を借りてしまうという方は後を絶たないと言います。

闇金の恐ろしい部分は金利だけではありません。厳しい取り立てを行っており、日常生活まで支障をきたすことがあるのです。さらに、一度闇金と関係を持ってしまうと「闇金から借金するほどお金に困っている人物」としてマークされ、ほかの闇金からもしつこい勧誘をされてしまいます。そのため、一度でも闇金と関わってしまうと非常に厄介なことになってしまうのです。

もし万が一、闇金からお金を借りてしまったらどうしたら良いのでしょうか。闇金業者は違法行為をしているため、借金の返済義務はありません。しかし、基本的には業者にそういった理屈は通用しないため、厳しい取り立てが行われるでしょう。返済から逃げ切ろうとするのであれば、その分大きな代償を払わなければならなくなるかもしれません。そのため、もし闇金からお金を借りてしまって困っているという場合は、まずは弁護士に相談をしてみてください。借金問題に強い弁護士事務所なども存在しますし、相談窓口を開いている場所などに足を運んでみることも大切と言えるでしょう。

追記

カード貸付金の借り換えは、借入利率がどれほど低く設定されているかも価値があるな点ですが、その事以上にゆとりを持ったお金を下拵えしてもらう事ができるか如何にかがキーポイントになります。
カード貸し出しを調査してみると、各自独自の特色が見られ、利率や融資限度額といった、表記されている基礎データだけでは、対比比較考量するのは容易ではないというのが実態です。
懸念事項の種である利子もキャッシングプロごとに少々の差異はあるものの、おおかた横並びです。
それは、上限利息が競合企業と対比して低く設定されているという事なのです。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です