キャッシングをしてお金を借りる際に要るもの

無人契約機が町のいたるところで見つかれるようになった昨今、キャッシングの申し込みは以前よりも手軽にできるようになっています。
いちいち窓口で手続きを行う必要もなく、指定された書類と数分程度の質疑応答により、貸し出しの可否を審査してくれるためです。
とはいえ、初めて無人契約機を使おうと考えている人にとっては、どのような書類が必要で、どのような手順で審査が行われるのかわからず不安な方もいるかもしれません。
そこで今回は、キャッシング申し込み時に必要なものについてご紹介いたします。

本人確認書類は必須

消費者金融などでキャッシングをする場合、まず必要となるのが本人確認書類です。
本人確認書類とは、
・名前
・住所
・生年月日
が確実に記載された公的な身分証のことを指し、一般的なものでは、運転免許証やパスポートなどが挙げられます。
いずれも申し込み時に、情報に間違いがないことを確実に確認できているものが必要です。

また、本人確認書類は原本を提出する必要はなく、白黒コピーなどで印刷・提出するのが基本。
最も多く使用されるのは運転免許証で、これの場合には両面のコピーが必要ですので注意してください。
そのほかに、本人確認書類として利用可能なのは、パスポートが挙げられます。
どれも、有効期限が切れてしまっていると、無効な確認書類とみなされてしまう可能性がありますので、期限の確認は忘れずにしましょう。

場合によって必要なもの

ほとんどの消費者金融では、本人確認書類と印鑑があればキャッシングを申し込めます。
しかし、借主の借入会社数が多い場合や、キャッシング総額が一定額を越える場合には、別途収入証明書類が求められる事も少なくありません。

収入証明書関係は、借り入れたお金に対して、それに見合う返済能力を持つかが判断されるための材料です。
主に給与明細書や源泉徴収票が該当し、給与明細書においては、安定した収入であることを証明するために、直近2か月分などをまとめて提出するよう求められることもあります。
キャッシング業者によっては、収入証明書や税額通知書などでも代用が利く場合があるので、事前に自身の職種や業者の契約方法についても抑えておくとあわてずにスムーズな契約が行えるでしょう。

個人事業主やフリーランスとして働いている人の場合、収入証明は確定申告書となります。
前年度を赤字申告している場合については、借入れが難しくなってしまうケースも少なくありません。
その理由はキャッシング額のボーダーラインを定める、総量規制というもの。
この法律により、年収の3分の1以上借入れが行えない仕組みになっており、収入が安定しない個人事業主はキャッシングの審査が通りにくくなってしまうのです。

より多く借りる場合には

通常の借入れと比べ、より多くキャッシングを申し込む場合には、不動産を担保にしたローンを申し込む方法があります。
自宅や事務所、その他土地などがある場合に使用することができるというものです。
借入れできる金額も、不動産の評価額に対し50%~70%程度利用することが可能となります。

不動産を担保としたローンは、本人確認書類・収入証明書のほかに、登記事項証明書などの不動産確認書類が必要です。
それ以外にも、担保を申し込む際に求められる同意書や、申込書の用意もしておく必要があるので注意しましょう。

まとめ

キャッシングを行う際には、お金借りる人の情報が分かる書類が必要です。
そのために本人確認書類として、住所や生年月日の分かる身分証明書の提出を行います。
いずれもコピーを提出するため、印刷部分が薄くならないように注意しながら用意をしましょう。

ある程度多くの金額を借り入れる場合や、複数のキャッシングを行う場合には、別途収入を証明する書類を用意しておくのが重要です。
個人で商売を行っている人の場合、昨年度の売上・利益が分かる確定申告書が収入証明書として求められます。
安定した収入があり、支払能力を証明するものとして提出を行うようにしましょう。

また、消費者金融で、まとまった資金を借りいれたいという場合には、不動産担保でのキャッシングを行うのがオススメです。
事務所や自宅などの建物を担保に入れ、不動産価値を計算した上で借入れ可能かの可否が行われます。
提出する書類も多く、審査が終わるまでは時間の余裕を持つことが大切です。

追記

そうなった時はお金を借りるという事もできなくなりますので、必ずや電話に出る支度だけはしておく事が大切です。
お金を借りるにあたっては、在籍検証するために勤めている箇所に電話がくるので、「キャッシングをするくらい大変である事が、社内の上司や同僚に伝わってしまうかも?」と頭を悩ます人も数多くいるでしょう。
借入時の総量規制には特例となる事例もあります。
原則的に一回契約を交わしてしまったカード貸し出しの利息は、契約中は先ずもって下げてもらえません。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です