CATEGORY お金を借りる前の基礎知識


▼おすすめのカードローン



お金を借りる時というのは緊急事態であったり、もしくは自分のお金ではないからと言って気軽に借りてしまう場合など様々あるかと思いますが、基本的には事前にキャッシングの基礎をしっかり理解したうえで利用する人はほとんどいないというのが現状です。確かに緊急事態であれば仕方ない部分もありますが、それでも最低限金利や返済方式など理解しておいたほうが良いことは多々あります。

その他、銀行でお金を借りたほうが良いのか消費者金融のほうが良いのか、それぞれのメリット・デメリットもそうですし、実際にお金を借りる際にはどのような書類等の準備が必要なのか、審査では主にどのあたりをチェックされるのかなど知っておくべき点が本当に多いです。

サービス自体はお金を借りるだけで非常にシンプルなのですが、それだけに非常に使いやすい分、その反面溺れてしまう人も多いのが実情で、もろ刃の剣のような性質を兼ね備えている部分はあります。酒は飲んでも飲まれるなという言葉に近いものはあります。最低限の知識さえ持っておけば、上手にメリットだけを享受することも決して不可能ではありませんが、やはりその一方で知識が無いせいでデメリットばかりを享受してしまうようなことにはならないで頂きたいです。

【メモ】お金の問題の解決方法

お金に困ったとき、友人や親に借金を頼んで自分の評価を下げるより、お金を借りること会社に借りてしまった方が気分的にも楽です。その意味では返済利息を払う必要はあっても、ドライに借りられる方法であるといえるでしょう。今や国民の二人に一人は借金があると答えるのも、このあたりに理由があると思われます。

お金を借りる方法はいくつかあって、クレジットカードのお金を借りること枠を利用する方法から、消費者金融や銀行系カードローンに申し込むという方法もあります。いずれも審査を受けてパスしないとお金を借りることはできませんので、あらかじめ準備が必要になってきます。クレジットカードはその中でも比較的簡単な方だといえるでしょう。

クレジットカードの場合、通常はショッピング枠をメインに使います。けれどももしもお金が入用になったときはお金を借りること枠でお金も借りられますから、一枚持っていると便利です。対する消費者金融や銀行系カードローンは、事前の申し込みをしてから審査を受け、借りられるかどうかの返答を待つことになります。

申し込みはインターネット、もしくは無人契約機などで行えますので、さほど手間がかかるというものではありません。あさイチから取り掛かれば、数時間で答えが出ることが大半ですので、その日中にはお金を借りられるかどうかがわかります。無事にパスできたとなればそれはそれでうれしいもので、これでお金の問題も解決されるでしょう。

【メモ】お金を借りるという行為を不安に感じなくても良い

お金を借りることを利用したくても、審査が通らないのではないかと不安に思ってしまうという人が居るものです。しかし、それほど不安に感じてなくても良いものと言えます。というのも、最近は一昔前と違って随分と基準が緩和されてきているからです。比較的、誰でもスムーズに利用できるようになってきています。懸念することなく、まずは申し込んでみることが大切です。

どうしても不安に感じてしまうという人は、できるだけ審査が楽に通ると言われているお金を借りる申し込むことをお勧めします。このような情報はインターネットで簡単に知ることができます。ネット検索をしてみて、楽に通れそうなところを探すことができれば、すぐにでも申し込んでみることをお勧めします。

また、お金を借りることの流れを把握することも大切です。通常、申し込みをしたらすぐに審査を行うことになります。時間がかかる会社もありますが、最近は即日対応というところも増えてきています。申し込んだその日のうちに通り、指定口座に現金が振り込まれるということも少なくありません。口コミを参考にして、このような情報を収集してみるといいかもしれません。

もちろん、最終的には無理なく利用できるところを選択します。一度でも完済できないことがあれば、場合によってはブラックリストに載ってしまうかもしれないからです。適度に利用したいという人ならなおさら、無理のない範囲で利用できるような会社を選択することをお勧めします。

【メモ】お金を借りることは大変便利

現在、お金を借りることサービスを利用しているという方も多いのではないでしょうか。以前よりも優良な業者が増えてきて、比較的安心して借り入れを受けることができるようになってきています。また、短時間で手続きを完了することができ、ほとんどの業者で無人ATM機での申請ができることから、気軽に利用する方が増えてきています。インターネット経由で利用申請をすることができる業者も増加傾向にあり、今後ますます便利になっていくことが予想されます。

しかし、お金を借入するという事実に変わりはありません。期日までに返済をしなければならない義務が生じますし、借入期間と金額に応じて一定の利率により算出された利息を負担する必要があります。計画的に利用をしないと、思わぬ大きな負担をしなければならなくなり、返済が滞ってしまうという危険性をはらんでいるということを常に意識しておくべきです。

お金を借りることサービスを利用する前に、業者が実施する審査に通過する必要があります。お金を貸すに当たって信頼できる相手かどうかをチェックされるものですが、これは家計を全般的にチェックされます。収入の状況や勤務先の財政状況、他の借り入れ実績及び残高など、いろんな要素から判断されることになります。

とはいえ、業者ごとにこの審査基準は異なります。そのため、ある業者で審査に通過することができなくても、他の業者なら通過することができるということもよくあります。そのため、一か所で利用不可となってもあきらめずに他の業者を試すことも必要な場合があります。

【メモ】お金を借りる際には年齢を確認します

お金を借りることを利用するにはまずは審査をクリアする必要があります。まず確認されるのは年齢です。利用は満20歳以上となっていることがほとんどで、未成年の場合はすでに仕事を持ち、収入が在るという場合も対応してもらえないことがほとんどです。逆に年齢が高すぎる方も対応していないことが多くなっていますので、60歳以上で申し込む場合は年齢の上限は確認しておきたいところです。

借り入れができる条件としては、本人に安定した収入があるということがあげられます。消費者金融の場合は総量規制もありますので、まったくの無職では対応してもらうことはできません。正社員でなくても、パート、アルバイト、派遣、自営業などで収入があれば対応してもらえることも多くなっています。銀行の場合は配偶者に安定した収入があれば専業主婦にも対応していることも少なくありません。

お金を借りることで借り入れするためには在籍確認も欠かせないものとなっています。これは職場に本当に在籍しているかを調べる大切な審査で電話で行われることがほとんどです。この場合も金融業者からとわからないように対応しくれることがほとんどですので、回りに知られる心配はほとんどありません。最近では電話ではなく、書類の提出で対応してくれる業者も登場しています。

お金を借りることの審査では、現在の借り入れ金額や借り入れ件数もチェックされることとなります。消費者金融の場合は総量規制を超えるとそれ以上貸し手もらうことはできませんので、申しこむ際は限度額を超えていないかよく確認しておきましょう。


▼おすすめのカードローン




今すぐお金を借りる(ランキングを見る)