CATEGORY お金に纏わる豆知識



お金を借りる際には絶対に知っておきたい返済方式のことを中心に、お金に纏わる豆知識をまとめています。特に、●●リボルビング方式というのは非常にややこしいですし、元利、元金、定率、定額などの定義まで覚える必要はないですが、自分がお金を借りる先の返済方式がどのようになっているのかくらいは事前に把握したうえで審査に申し込みたいところです。

残高スライドも含めると、カードローンに限らずクレジットカードのリボ払いなど、返済方式は大きく分けて8種類になりますが、カードローンの返済方式として採用されるのは主に2~3種類ですので、最低限それらだけを覚えておけばいいでしょう。

お金を借りても消費者金融などにありがちな30日間の金利無料期間のうちに返せばいいやと思って、返済方式を確認しない人もいますが、実際にはそんなに予定通りに返済ができない人も多かったり、一度返済をしても、2回目以降の借り入れに頼ってしまうこともありますから、返済方式に限らずお金に関する知識はあるに越したことはありません。

大変失礼な言い方かもしれませんが、お金に関する知識が無いからお金に苦労してカードローンに頼るという人も少なくないわけでして、そういう方に限ってお金について学ぼうとしないので借りる際にも人一倍苦労してしまうわけです。そんな悪循環を断ち切るために問うカテゴリのエントリーを読んで勉強してください。

【メモ】そもそもお金を借りるって、どういうこと?
お金を借りることは、クレジットカードやキャッシュカードを使って、民間の消費者金融や銀行からお金を借りられるサービスです。一般的には翌月一括返済となり、返済日までに利息を含めた金額を返済します。急にお金が必要になった、でも、手元にお金がなく、口座にも余裕がない時にお金を借りられますが、借りられる金額には限度額があり、契約の内容によって決められており、契約する際に審査があります。この審査に通らないとお金を借りられません。通常、借入の申し込みから結果が出るまで即日から一週間。ほどかかります。どんな基準で調べられているのかが気になる所です。

審査には、属性・書類・在籍確認・信用情報があります。属性は、年齢や収入、勤務先、家族構成等の申込者本人情報を調べ、返済能力をチェックします。中でも収入については、高さより安定しているかどうかが重要になります。高収入だから、大丈夫というわけでもありません。書類は申込者の運転免許証や源泉徴収票等の証明書の確認です。在籍確認は、勤務先に申込者の在籍の確認をします。信用情報では、ローンやカードの利用利用状況・履歴を調べます。実は、この信用情報が一番重要になります。他に借り入れがあったり、以前に返済が滞ったことがあると借り入れが難しくなることもあります。

まず、確認しておきたい事は、申込者の条件にあてはまっている事です。年齢や収入、正社員かどうかなどを確認しましょう。ホームページなどで、借り入れの可否の診断をしてくれるので、そういったものを利用して、調べてみてもいいと思います。あとは、他社の借り入れを減らしておくのも大切です。

お金を借りることのサービスを受けることは難しい事ではありません。ただ、ごまかすような申告をするとすぐにわかるので、年収や他の借り入れをごまかすのは決して良くありません。これからお金を借りることをお考えの方は参考になさってください。

【メモ】金融業者の増加が利用者にメリットを

最近では、ぐんぐんお金を借りることやカードローンができる業者が増えています。このように業者が増えて競争が行われて、様々な面で利用者にとってメリットあるようになる事は良い事でしょう。ですが自分に合った業者を見つけるのが難しくなっているのも事実です。どの様な点に着目すれば、一番良い業者を見つけられるのかわからないという方もいるでしょう。実際に多くの業者が様々なサービスやメリットを利用者に提供しているのに、それを有効活用できない人もいるようです。

お金を借りる前に気になるのは、金利と審査ではないでしょうか。まず安心してほしいのは、最近では法定金利の厳守が厳しくなったため、以前のような、グレーゾーン金利で貸し出しを行っている業者はいないという事です。そのため、多くの人が利用するであろう50万円以下のお金を借りることやカードローンに関しては18パーセント以下で貸し出しが行われています。そのため利用者は金利面では、比較的安心して借り入れをすることができるようになりました。審査もスムーズになっています。

良い業者を見つけるためには、インターネットの口コミ情報を活用するのが大事です。審査がどのようなモノであったのか、職場に在籍確認の電話があったのかどうか、などの多くの利用者にとって気になる情報が口コミ情報では手に入れる事ができます。

最近は、以前のような収入証明証が要らない範囲でお金を借りる人が増えています。具体的にいうと100万円以下の場合では収入証明書が要らないケースが多く、インターネット上だけで簡単に貸し付けが可能かどうかを判断してくれることが多いです。


今すぐお金を借りる(ランキングを見る)