総量規制とは

少し前に新聞やニュースでも取り上げられた総量規制という制度ですが、これまで借金には縁がなかったという人にとっては、いったい何を規制しているのかわからないという方も多いでしょう。
今回は、総量規制について、その内容と定めるきっかけとなった背景についてご紹介いたします。

総量規制ってなに?

総量規制とは、借入れを申し込んだ際、債務者は年収の3分の1までしかお金を借りることができないことを定めた法律です。
具体的には、施行後は年収360万のサラリーマンの場合、120万円までしか借入れが行えなくなりました。
これは、仮に複数の会社に申し込んだとしても同じことで、120万円以上の借金をすることができません。

また、消費者金融での新規借入れを申し込む際、通常の審査に加え収入証明書の提出が義務付けられたのも総量規制と同時です。
これらは消費者金融以外にも、信販会社やクレジット会社でも、適用されるものですので意外に身近な法律だと言えるでしょう。

総量規制が生まれた背景

総量規制が生まれた理由としては、自己破産を行う人が増えたことが関係しています。
施行前はグレーゾーンと呼ばれる金利の中、ある程度の収入があれば消費者金融の裁量により、いくらでも借入れを行う事ができました。
その結果、不景気のあおりを受けて資金繰りに困った方が消費者金融を利用したケースが増えたといいます。
しかし、借りた人の返済計画がままならず、どんどん雪だるま式に借金が増えてしまった結果、生活がままならなくなってしまうことも少なくなかったそうです。

このような流れから、自己破産を行う債務者が増えたことにより、多くの消費者金融や街金は経営が厳しくなってしまいました。
結果的に、地域に根差していたような街金は、回収がままならず倒産してしまったところも少なくありません。
つまり、借りた人も貸した業者も、どちらも現状の法律ではうまく建ちゆかなくなってしまったのです。

そこで、政府では総量規制という形で一つのラインを設けるようになりました。
利用者側としては、一定の金額までしか借入れが行えず不便な部分と感じるかもしれませんが、一方で借金地獄に陥る前に行政がストップをしてくれるのは決して悪いことではないでしょう。

総量規制の例外とは

このように、総量規制は一人の個人が受けられる融資が限定されるのが基本になる法律です。
しかし、この規制が例外となるケースもあります。
代表的なものでは、住宅ローンや自動車ローンといった、非常に大きな買い物でありながら、生活に密接な結びつきを持つものです。

また、総量規制の例外として認められているものには、事業資金の貸付も挙げられます。
これは生活費として貸すのではなく、事業資金のために事業主に貸し出すという形をとるものです。
承認してもらうためには、基本的に収入証明書の提出が必要となるため、申し込みを行う際には確定申告や納税証明書の用意をしておかなければなりません。

さらに、原則的に銀行や信用金庫での借入れは総量規制の対象外となります。
消費者金融と比べ、審査日数がかかるなどデメリットはあるものの、ある一定のお金を借入れたい時には選んでみるのもありと言えるでしょう。
もちろん、規制外だからといって、無制限にお金が借りられるわけではありません。
特に、ある程度借金をしてしまっている人の場合には、審査が厳しくなってしまうため、結果的に借りることができないケースも多いです。

関連/お金を銀行から借りた時の一般的な金利
関連/お金を銀行で借りるメリットとデメリット

まとめ

総量規制は借金の合計が、年収の3分の1を上限にすると定めた法律です。
そのほか、借入れ額によっては収入証明書を必要とするなどの取り決めがあります。

総量規制は主に消費者金融やクレジットカードなどで適用されますが、個人事業主における事業資金や、銀行での借入れに関しては適用外となります。
これは、銀行や事業者に裁量がゆだねられているという意味合いが強く、決して無制限にお金を借りられるということではありません。
あくまでも、自身の返済可能な範囲でお金を借りることが前提ですので、くれぐれも借金は慎重に検討することが大切です。

追記

貸付利率が高いお整理貸付金に改変した時は、得する点は全部ないというのは言わずもがなです。
日本各所で営業展開しているような支出者金融であれば、申込を入れるときに「在籍検証は書類を代用してくれ」と伝える事で、電話による在籍見定めを切断してお金を借りる事が可能な事もあると教えられました。
即日融資は、たいていの金融機構で取り扱っていると言ってもオーバーではないほど、世間に知れ渡ってきたと言えるでしょう。
お整理貸し出しに申し込んで償還の負担を減らしたいなら、自然ですが現時点でより低利率の銀行を活用しましょう。
今すぐお金を借りるならここ!(ランキングを見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です