CATEGORY お金のトリビア



お金について知っておくと便利だけど、まあ知らなくてもそこまで影響ないよねという程度のことをまとめているカテゴリです。例えば、少し前に話題になって総量規制などは、年収の三分の一以上はお金を借りることが出来ないということですが、500万円の収入があっても、160万円くらいしか借りられませんよという話なのですが、いきなりそんなに借りるわけではないですし、一部の多重債務者などはいるとしても、大抵は次のお給料日まで少し借りたいという程度なので多くの人にはそこまで影響がありません。

他にも、返済方式の残高スライド元利定率リボルビング方式など、ややこしい名前の返済方式など、仕組みは知っておいたほうが良いですが、名前は知っていても知らなくても関係ありません。その程度のことをまとめているカテゴリだと思ってください。

確かに重要なことではありますが、他にもっと知るべきお金の知識がありますので、そういったものをしっかりと吸収したうえで時間があれば読んでほしいようなエントリーをまとめています。

【メモ】お金を借りることの審査はなぜ行われるのか

お金を借りることの審査は、その人に返済能力があるのかどうかを判断するために行われます。よって、無収入では審査を通らないと考えてください。収入が無いということは返済能力が無いと判断されるからです。専業主婦の場合、夫に収入があるので、返済能力があると判断されれば、審査に通るでしょう。

年収が少なくても、アルバイトやパートの場合は収入がありますから、その収入に応じた借り入れ金額を設定すれば、利用することができます。申し込む際に聞かれる主な内容は、年収、他社に借り入れがあるかどうか、また、その借入額はいくらなのか、家賃や勤務先も聞かれる場合があるでしょう。

勤務先が聞かれた場合、在籍確認が行われると思って間違いありません。在籍確認とは、その人が申請通りに、そこできちんと働いているかどうか確認されることです。在籍確認の方法は、お金を借りること会社の方が勤務先に電話を入れるという方法が一般的です。電話をかけて、本当に勤務していると確認できれば、通りやすくなります。このとき、お金を借りること企業からの電話だということが分からないように電話を掛けてくれるので、その点は安心して良いでしょう。

申し込む際には、住所などが確認できる身分証明書の提示もしなければなりません。現在はインターネットから申し込めるのが一般的な方法になっていますが、免許証を提示する場合は、それを携帯などのカメラで写真を撮り、画像をメールで送るという方法が多いようです。

【メモ】お金を借りることへの感覚

今や、借金をしている人が二人に一人とまで言われるほど、お金を借りるのは身近なことになりました。それというのもお金を借りること先がたくさんできて、借りる方法も多種多様になったことが最大の理由でしょう。気軽に借りることができる上に返済も自由にできるところから、お金を借りることが怖いことではないという認識が出来上がったものと思われます。

そんな気軽で身近なお金の解決手段になったお金を借りることを利用するためには、審査にパスする必要があります。こちらも最近では学生や主婦でも借りられるところが出てきているなど、変化が見られています。学生ならアルバイトで定期的な収入が、主婦ならパート収入があれば大丈夫といった具合です。

たくさんのお金を借りることはできませんが、学生や主婦を対象にお金を借りること可能としている会社を選べば、お金がもらえるまであと少しなのに足りないというピンチを乗り切るには十分なお金を借りる方法を得ることができます。もともと学生や主婦でもOKとしている会社なら、審査も独自の基準を設けていると考えられることから、パスできる可能性が大です。つまり、借りるためのハードルも低いといえます。

いざというときには足りなくなった分のお金を少しだけ借りて、その後は定期的に返済、余裕ができればまとめて返すという使い方ができる方法を確保すれば、上手に借りてやりくりできるようになります。自分の状況を客観的に見て、もっとも審査に通りやすいと思われる会社を狙うのも賢い方法です。


お金を借りる(ランキングを見る)